« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

浪江町風景

1週間前、原ノ町の海を見に行こう」という夫の誘いに福島の原ノ町(現在は南相馬市)に向かいました。相馬にいっても海のそばまで行けるか疑問でしたが

P1080163
2時間弱で南相馬につき高速を降りました。ここの海も工事中で側まではいけません。穏やかな海でした。      

P1080167_2

原発の町に近いせいかすれちがあう車が少ないと思っているうちに浪江町を走っていることに気がつきました。

浪江町は確か居住制限地域になっているはずでは、思っているうちに無人の町を通り過ぎました。TVや新聞で見ていたのとは違う生々しく、不思議な感覚でした。草ぼうぼうの写真は農耕地のようです。寒さもあって車からは下りずに撮った写真です。いたるところに草ぼうぼうの風景が広がっていました。
P1080164_2
海辺の近くには、ポツン、ポツンと津波で壊れたままの家がそのままの姿で残っていました。

P1080168_2
放射能の廃棄物の置き場です。膨大なかずの廃棄物が数か所に分かれて保管されていました。この廃棄物はいつ、どこに処理されるのでしょうか、

浪江町は今年の春から一部を除いて居住制限が部分的に解除になります。どれだけの人が戻ってくるのでしょうか、

| | コメント (7) | トラックバック (0)

日の出

平成29年になってからの5日間は穏やかな日々でした。

元旦の朝、すっかり朝寝坊になっている私には奇跡のような出来事ですが6時10分すぎに布団を離れることができました。

カーテンを開けると曇り空ながら、穏やかな空模様でした。空一面曇が出ているから無理かなと思いながら崖の上の新しい住宅地に向かって家を出たのは6時30分、日の出には無理かなと思いましたが花を連れて出かけました。

P1080141 P1080148_2

目指すビューポイントのあるお宅の駐車場につく前に太陽が顔を出してしまいました。崖沿いのアパートのフェンスと木立の向こうの日の出です2枚とも残念ながらピンボケです。coldsweats01

P1080149
目指すビューポイントになっている場所についたとき雲と雲の間に挟まれるように太陽が顔をのぞかせていました。新年早々ラッキーです。  今年は酉年、私の年、羽ばたくのは無理でも明るいことの多い年になってほしいものです。

昨年までは日の出を見る人が何人かいたのですが今年は私と花だけです。寂しいような、嬉しいような思いで、昔の人々が太陽に健康や運を祈ったように、私も今年1年の健康と穏やかな日々を過ごせますようにと祈りました。

つたないブログにおいでいただいた皆様への感謝と今年1年の健康も祈らせていただきました。 今年もどうかよろしくお願いいたします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »