« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

私のリメイク

いつもお邪魔している方の、お母さんの浴衣をリメイクしたブログに刺激され、私も母の着物をリメイクしたオーバーブラウスを紹介します。

P1070980

黒地に控えめな白い模様の地味な生地で、農家の主婦の着物そのものでした。

震災の1年前に作ったもので今のところリメイクしたものはこれ1枚です。

知り合いの方に、常に着物をリメイクしたものを着ていらっしゃる方がいて、お願いして、型紙作りから教えていただき作りました。作ったとはいえ襟が変わった形で、私には難しかったので作ってもらいました。

P1070981一生を農村で過ごした母の着物はどれも地味なもので、この着物もブラウスにしては地味でスカートにしたかったのですが、教えてくださった方の勧めでこのデザインになりました。

おもに、身内の集まりのときや、姉妹が集まったとき、このブラウスの下に白や、赤の薄手のセーターやハイネックのブラウスを組み合わせて着るようにしています。母につつまれているような思いになるオーバーブラウスで、妹や、姉からも好評です。

青空を見ないうちに秋が深まり10月を迎えようとしています。庭のきんもくせいも満開になりました。残念ながら鼻が悪い私はそばに行かないとわからずもどかしい思いです。

借りている畑のそばの田んぼも黄金色でいつ刈り入れても良い状態です。

実家からは新米も届き秋たけなわなのですが、10月になったら秋らしい青空が広がることを祈るのみです。

P1070982_2 P1070977


| | コメント (6) | トラックバック (0)

頑張って

9月になっても暑さが止まりません、というより、より残暑が厳しくなり1週間で2度も真夏日がそれも湿度が高く不快極まりない暑さです。、

寝ぐるしい熱帯夜も続きました。朝夕はめっきり過ごしやすくなった矢先の暑さに、猛暑日が続いた西日本に住み方たちの苦労がしのばれました。

それでも日没だけは早くなり、夕方6時半になると真っ暗です。

5月で15歳になった犬の花も、この暑さに日中はあっちでごろり、こっちでごろりという風に暑さを避け日陰で横になっています。主に玄関前ですが、用事で訪れた人が玄関先で困っていることも何度か、花は吠えるのを忘れた犬で、横になっているときは爆睡なのか、来客の方にも気がつかないこともcoldsweats01

P1070924_2 P1070965

5月末で15歳になり(人間の年で74〜5歳前後)を過ぎてからめっきり歩くのが遅くなり、以前の半分から、今では三分の1の距離と散歩の範囲が狭まってきました。それもゆっくり、ゆっくり

三分の1の距離でも時々よろめくこともあり、体力の衰えの加速に正直びっくりしているところです。食欲も衰え、あばら骨が浮き出る痛々しい姿になっています。

朝は私、夕方は夫と散歩に連れ出していますが、散歩を兼ねてのウォーキングはウォーキングにならなくなりました。見直しが必要になっています。

P1070876
上の写真は6月ころの写真ですが一目でおとろえがわかり悲しくなりました。いずれは訪れるその時が、日々、確実に近づいているようで複雑な思いで花との日々を過ごしています。

高齢犬に高齢夫婦の我が家、高齢社会の見本のような存在です。涼しくなったら少しは元気をとりもどすかなと淡い期待を持っていますが、花のようなミックス犬の寿命は15~16歳といわれており、これからは無理を避け花のペースで過ごさせなければと思っています。

明日はまた、三陸沖を台風13号が通過するようです。もうこれ以上北海道や岩手のようなし被害が起こらないことを祈るのみです typhoon

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »